You are here: Home » ダイヤモンドは永遠の輝き » ダイヤモンドを買取してもらう時に4Cはとても重要

ダイヤモンドを買取してもらう時に4Cはとても重要

diamond3

ダイヤを買取してもらう時に重要なことは、「4C」です。

4Cとは、CRAT(カラット)、COLOR(カラー)、CUT(カット)、CLARITY(クラリティ)の頭文字をとった言葉です。

ダイヤモンドは、一つ一つが異なった性質をもっています。

それを表すのが4Cで、そのコンビネーションが高ければ高いほど、グレードも高くなり、希少価値があるとされています。

なので、4Cによってダイヤの買取額も変わってくるんです。

CRATは、重量のことを表しています。

1CRATは0.2gです。

COLORは、色味のことです。

無色透明・ブルーなどの様々なバリエーションがあります。

最高級カラーは無色透明で、Dカラーと表します。

CUTは、研磨のことを表します。

ダイヤモンドは石本来の美しさをもっているものですが、CUTすることによって、より輝きを増すことが出来ます。

CLARITYは、透明度のことを表します。

一部の種類以外は、ダイヤモンドには内包物が混入しています。

それによる透明度の度合いを表しているんです。

この4Cによって、ダイヤの買取額は異なってきます。

4Cのコンビネーション度合いが高ければ高いほど、ダイヤの買取額も高くなっていくということですね。